HOME  > 浄化槽清掃

浄化槽の法定検査は管理者の義務です。
浄化槽には、少しずつ水に溶けない固形物や汚泥が溜まってきます。
これをそのままににしておくと、臭いや水質悪化の原因になります。
浄化槽の機能維持のためには、清掃は年に1回以上行なう必要があります。
清掃では浄化槽に溜まった汚泥を抜き取り、機械を洗浄します。

浄化槽清掃について
浄化槽に流れ込んだ汚水は、沈殿・浮上といった物理作用と微生物の働きによる生物作用によって浄化されますが、この過程で必ず汚泥やスカムといった泥の固まりが生じます。これらがたまりすぎると浄化槽の機能に支障をきたし、処理が不十分になったり、悪臭の原因になったりします。そこでスカムや汚泥を槽外へ引き抜き、附属装置や機械類を洗浄したり、掃除する作業が必要です。

「清掃」とはこのような作業のことを指していいますが、浄化槽の維持管理の上で、とても重要な作業であり、年1回以上(全ばっ気型の浄化槽は半年に1回以上)の実施が義務づけられています。

浄化槽に関する業務の詳細はこちら






TOP