HOME  > 浄化槽保守点検

浄化槽保守点検は、浄化槽の機能維持をし、適正な水質を確保するため、重要なものです。
この保守点検は、資格を持っている業者によって行われます。

浄化槽法及び環境省令に定める点検回数は、4ヵ月に1回以上必要とされています。


保守点検とは
浄化槽の「保守点検」では、合併処理浄化槽のいろいろな装置が正しく働いているか点検し、装置や機械の調整・修理、スカムや汚泥の状況を確認し、通常実施される年1回の清掃以外に必要となる汚泥の引き抜きや清掃時期の判定、消毒剤の補充といったことを行います。

当然、定期的に行うべきものですから、家庭用の小型合併処理浄化槽では4ヵ月に1回(処理対象人員が21人以上のものは3ヵ月に1回)以上行うよう定められています。

昭栄産業の浄化槽保守点検については、
埼玉県全域、さいたま市にて、許可を取得しています。
浄化槽に関する業務の詳細はこちら






TOP